佐久川寛賀 先生(敬称略)

1782〜1862

生年、没年は諸説あり定かでない。

享年80歳過ぎまで長命されたという

唐手(トーデ)佐久川とは照屋筑登之親雲上寛賀のことである。

幼少の頃から健康に恵まれ武芸に秀でていた。頭脳も明晰で、将来の大物として、青年時代から嘱望されていたという。琉球王府からもその学問と武の力量をつとに認められていたので、三十代の頃に中国へ留学生として唐旅をしたことがあるという。

唐手佐久川は中国で修行し、その修得したものに基づいて、従来から琉球にあった自己防衛の闘争術を深め、首里手の原形となったと推測される。


トップ><戻る