罔殆塾道場

罔殆塾の由来

罔殆の出典は「論語」で、詳しくは次の通りです。

「学而不思則罔。思而不学則殆。」

学びて思はざれば則(すなわ)ち罔(くら)し。

思ひて学ばざれば則(すなわ)ち殆(あやう)し。

前半は、「物事を修得する際、一体何を学んでいるのかを考えながらでないと、その本質は理解できない」、後半は、「その一方で、我流や独学ではその基礎的な部分の積み上げがなければ、習得したものは砂上の楼閣にすぎない」ことを意味します。つまり、孔子は「学(書物や先人から得る知識)」と「思(自分で思索すること)」とが、一方に片寄らずに平行して実践されなくてはいけないと述べています。

空手道を習得するにも、先生からの教えである「学」と、自分で技の意味を考え思索探求する「思」をバランスよく修養することが大切です。


トップ><戻る